AKMU

楽童ミュージシャン(AKMU)『Dinosaur』の海外の反応は?モンゴル生活5年の兄妹

この記事を3行で
  • 楽童ミュージシャン(AKMU)はYGエンターテイメント所属の韓国の兄妹デュオ
  • 作曲を担当する兄「イ・チャンヒョク」、ボーカルの妹「イ・スヒョン」の二人
  • 海外のファンからは「この子達、過小評価されすぎ」との声も

楽童ミュージシャン(AKMU)『Dinosaur』について

どうもー!K-POP大好きな、管理人のミン(LINE KoreAction)です!

韓国のリアリティオーデション番組「K-Pop Star」を皆さんご存じでしょうか?BoAやYG&JYPエンターテイメントの代表らを審査員に迎え、世界レベルでの次世代K-Popアイドル発掘に焦点をあてた、韓国の大ヒットオーデション番組です。

番組のシーズン2で、彗星のごとく現れた兄妹デュオ「楽童ミュージシャン(通称AKMU)」に、今回は注目してみます。こちらの番組に出演するまでは、家族と一緒に5年間モンゴルに住んでいた彼ら。家庭の事情で学校には通っていませんでしたが、自然の中で自由に歌い、ギターを弾くことは彼らの生活の一部になっていたようです。

オーディションでは、自作曲の才能だけでなく、編曲のセンスも好評でした。見事、優勝の座を勝ち取ったのち、BIGBANGが所属するYGからデビューすることとなります。兄はギター、ラップ、ボーカル、オールマイティな才能…そして、妹はみずみずしく透き通るような歌声が最大の魅力です。

そんな彼らのシングル『DINOSAUR』は、彼らが子供の時に耐えなければいけなかった怖さをテーマにしています。初めてのエレクトロニック・ダンスジャンルにもトライし、今までのオーガニックでフォークなイメージを打破するような一曲。AKMUならではの歌詞の意味深さに心の奥がかき乱され、MVでは誰もが経験したであろう子供時代の思い出がシンクロし、なんだかノスタルジックな感情が終始押し寄せてきます。

実は、ここ数年、兄の方は韓国の軍隊服務中でしたが、今秋、任務を終え帰ってきました。活動も休止中になっていたため、彼らの歌と才能が恋しかったファンの声がとどいています。こちらで一部ご紹介しますね。

『DINOSAUR』は、彼らが子供の時に耐えなければいけなかった怖さをテーマにしています。初めてのエレクトロニック・ダンスジャンルにもトライし、今までのオーガニックでフォークなイメージを打破するような一曲。

ミュージックビデオシーン

海外の反応

  • 歌おうとしたら、恐竜(DINOSAUR)みたいな声がでた。
  • 9月が10月のAKMUのカムバックが楽しみな人ー?
  • スヒョン(妹)がチャンヒョクの兵役中ソロ活動しなかった理由って、自分で曲を書いてみたかったらしいよ。妹が困らないように、たくさん曲をつくって兵役にいったんだけど、彼女は、自分で一度トライしてみるって伝えたんだって。
  • こんな才能豊かな子供たちをもって、親も誇らしいだろうね。
  • AKMUは素晴らしいアーティストだよ!
  • AKMU大好き。
  • こんな素晴らしい曲を知らない人、かわいそう。
  • 今まで彼らの事しらなかったなんて。アートだよ、まさに。ボーカルも、修正なしだし。彼女もめちゃくちゃ可愛いじゃん。
  • チャンヒョクが兵役を終えて帰ってくるって。カムバたのしみだな。
  • チャンヒョク、めっちゃ可愛いじゃん。今は大人になったけど、やっぱ可愛いわ。
  • なんでこの曲の存在にきづかなかったのか…これ、最高だわ。
  • この子達、過小評価されすぎだよ。彼女の声は、魔法みたいだわ。彼の作曲技術も秀でているし。
  • 彼らの事、大大大好き!はやくカムバックしてほしいよ!
  • AKMUのファンが、他のグループのファンより素晴らしい理由が、個々の残すコメント。こんな賞を取ってほしいだとか、MVの視聴回数を伸ばしてだとか、投票しろとか、まったく言わないところ。ただ、ここに集まっているのは、AKMUの曲を純粋に楽しむためだけだから。
オススメ記事