IKON

もう完全にファンよ。iKON『Killing Me』に対する海外の反応と人気はどうなのか?

こんにちは!私はミン(@KoreAction)です!

2017年にリリースされたiKON(読み方:アイコン)の『Killing Me』のミュージックビデオに対する海外の反応をご紹介します。

BIGBANGの系譜を継ぐ次世代モンスターグループとも呼ばれていて、日本でも女性を中心に20代の若いファンを獲得しています。一時期、リーダーのハンビンが薬物疑惑で脱退以来、活動休止が囁かれている当グループ。

今はいないハンビンの書き下ろした『Killing Me』ですが、果たして海外ではどんな評価を受けているのでしょうか。

好きになるっきゃないでしょ!iKON『LOVE SCENARIO』に対する海外の反応と感想は?こんにちは!私はミン(@KoreAction)です! iKON(読み方:アイコン)は日本でもかなり人気なグループで、2016年の日...

iKONの『Killing Me』とは?

iKONは、K-POPの代名詞でもあるBIGBANGの弟分として、2015年にYGエンターテイメントからデビューしました。全員、揃いも揃って粒ぞろいなのは、YG主催のオーデションサバイバル番組にて勝ち残ってきたメンバーのみが、iKONとして晴れてデビューすることができたからなんです。

iKONというグループ名は、韓国の象徴になるようなK-POPアーティストに成長するという意味を込めて、「ICON」と「KOREA」を組み合わして命名されました。そんな彼らの2018年リリースのシングル『Killing Me』。今回の作品も、ラッパー兼ボーカルのB.I.(ハンビン)が作曲を担当しています。しかし、現在は薬物疑惑で脱退しています。

K-POPというと、明るいダンスサウンドをイメージしてしまいがちですが、こちらはポップのなかに、失恋のダークな感性がもりこまれていて、聞く人をぐっとひきつけます。

MVはというと、リリース12時間後にYouTubeで200万回の視聴回数を記録しました。リズミカルなエレクトロサウンドと一糸乱れぬシンクロダンスに視聴者も中毒状態になってしまったのではないでしょうか?こちらを見た海外の人達はどのようなコメントをのこしているでしょうか?

iKON『Killing Me』のメンバー画像

iKON『Killing Me』に対する海外の反応と感想

  • ハンビン、帰ってきてくれない?めちゃめちゃ恋しいよ…
  • K-POPファンじゃないんだけど、なんでこの曲、こんなに中毒性あるの?
  • この曲って、聞けば聞くほど好きになるんだよね。
  • ハンビン、お誕生日おめでとう。この日を、これから来る日々を楽しんでね。幸せで、健康に過ごして。iKONファンは、あなたの忍耐強さとカムバックを期待しています。
  • 友達がこの歌聴きなって教えてくれたんだけど、もう死にそうー。
  • この曲、完全に私の事だ…彼の事が恋しいよー。
  • 私にとっては、iKONはまだ7人のメンバーだよ。素晴らしリーダーであるハンビンを含めて。
  • どうしたらいいの?美しいお顔に素晴らしい曲。iKONの皆さん、教えて、今すぐに。
  • iKONの曲聞かないでおこうと何度思っても、また、ここに戻ってきてしまう。やめられないよ。B.I.、会いたいよ。
  • iKONの曲聞くたびに、なぜか涙がでちゃう。
  • 歴史に残る曲をつくった、伝説のハンビン、ここにあり。
  • この曲、ガチで名曲。
  • ラブシナリオは今年最高の曲で、「Killing Me」は今年最高のMVだわ。
  • ボビーが言ってたんだけど、振り付け的にBIと絡む場所がおおくて、でもその場所は今は空っぽで、めちゃくちゃさみしいって。誰も、そこを埋めることができなくて。iKONはBIが必要だし、iKONファンも彼が必要なんだよね。
  • 彼らのファンじゃなかったけど、ファンになろうかなと思ってる。特に「LOVE SENARIO」と「Killing Me」が特に好き。
  • iKONのファンになったのは、ベストな選択だったと思う。
  • リーダーが戻ってくる奇跡がおきますように。
  • YGエンターテイメントを去って、他の芸能事務所でiKONを再結成するのはどうかな?
  • この曲もMVも最高。歌詞は美しいし、ビートはキャッチ―で。かっこいい振り付けに、シンセウェイブなサウンドもイケてる。
  • この曲、子供に聞かせないほうがいいよ、ずーっと歌ってるよ。
一番過小評価されてる曲!NCT127『Superhuman』に対する海外の反応と感想は?こんにちは!私はミン(@KoreAction)です! 「NCT127」とは「NCT」の派生ユニットで日本人メンバーに含まれる、今世...